拈華微笑( 一整一捨 )

シングル子育て一段落! 人生第二章は沢山の感謝を伝えながら… 「一日、一整一捨」クジラ流の丁寧な暮らし目指して、 笑顔でゆるりと“終活”しましょ♪

もしも突然、身内が亡くなったら…やるべき最初の7か条はコレ!(役所編)

time 2019/03/22

もしも突然、身内が亡くなったら…やるべき最初の7か条はコレ!(役所編)

こんばんは

今日もお目に留めて頂きありがとうございます(^^♪

もしも突然、愛する人が、大切な人が、亡くなってしまったら・・・

ショックが大きすぎて、失意のどん底にいますよね ( ノД`)

計り知れない悲しみの中にいる状況であっても、大切な人(愛する人)のために、やらなければならない手続きが沢山…。

何からやればいいのか?途方にくれてしまいますよね、シンドイね‥。

心中、お察しいたします(´;ω;`)

あなたの大切な人、愛する人の人生最期のステージを彩るために、あなたが後悔しないように、しっかりと準備してあげてほしいな。と思います。

昨日は、やるべき最初の8か条(葬儀編)でした。 詳しくコチラ→ 

葬儀は、大切な人のために、一番最初にやる儀式。

また、残された人達が、大切な人の死を 心の中で ちゃんと受け止めることができるようにするための儀式でもあります。

葬儀に慣れたくはないけど情報として知っておくべき年齢だとクジラは思います。

スポンサーリンク

やるべき最初の7か条(役所編)

愛する人、親族が方が亡くなってから、 役所への手続き(届出)は、だいたい14日以内に行う必要があります。

1.死亡届(7日以内に)

故人の死亡を認知した日より7日以内に提出をします。

死亡地か本籍地、住所地のいずれかの市区町村の役場にある戸籍・住民登録窓口などで行います。

<必要書類>

医師による死亡診断書(警察による死体検案書)、届出人は印鑑が必要です

2.死体火(埋)葬許可申請

1.の死亡届と一緒に提出、必要書類も同様です。

手続き後に火葬許可書が交付されます。※火葬時に必要なため、早めに準備を!

3.住民票の抹消届(14日以内に)

死後14日以内に市区町村役場の戸籍・住民登録窓口などで行います。

<必要書類>

届出人の印鑑、本人確認できる証明書類(免許証、パスポートなど)

「死亡届」「死体火(埋)葬許可申請」「住民票の抹消届」は必ず行う手続きです。

これから先は、該当されることが多い手続きを集めました。

該当する場合は、忘れずに手続きをして下さいね。

4.年金受給停止の手続 (年金受給者対象)

死亡後は、 社会保険事務所または市区町村役場の国民年金課窓口などにて速やかに行います。

場合によっては、ご遺族が「未支給年金の支給」を受けることが可能です。その場合は別途手続きを行って下さい。

<必要書類>

年金受給権者死亡届(添付書類として年金証書と、戸籍謄本など死亡の事実が証明できる書類)

5.介護保険資格喪失届

死後14日以内に市区町村役場にある福祉課窓口などで行います。

<必要書類>

介護保険証

6.世帯主の変更届(3人以上世帯の世帯主であった場合)

死後14日以内に市区町村役場の戸籍・住民登録窓口などで行います。

<必要書類>

届出人の印鑑、本人確認できる証明書類

7.遺言書の検認

遺言書はあるが公正証書ではない場合、亡くなった方の住所地の家庭裁判所で行います。

<必要書類>

開封・閲覧していない遺言書原本、遺言者の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、受遺者(遺言で財産の贈与を受ける人)の戸籍謄本

以上が、最初にやるべき7か条(役所編)でした。

最初の3点は必須、あとは対象者の方だったかな。と、思い出していただけたら幸いです(´∀`*)

明日は、やるべき最初の8カ条(相続編)です。

本日もお読みいただきありがとうございました

月別アーカイブ

よく読まれている記事

更新履歴

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

遺品整理士資格取得しました

最近のコメント

    

    ブログ

    ブログランキングに参加しています

    宜しければ、ポチっとお願いします!

    にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 シニア日記ブログへ
    にほんブログ村


    遺言・エンディングノートランキング


    アラフィフ日記ランキング